Example: A Site about Examples

下知我麻神社

下知我麻神社しもちかまじんじゃ』は、熱田神宮の境内敷地の北西の端に位置する境内摂社で、

熱田七社あつたななしゃのうちの一つです。

延喜式神名帳えんぎしきしんめいちょう』では、尾張国おわりくに愛智郡あいちぐん鎮座の「下知我麻神社」と記される由緒正しい古社です。

江戸時代は、紀大夫社きたゆうしゃと呼ばれていました。

この社名は、熱田神宮に奉仕した社司しゃしの名前にちなんで名付けられたと言われております。

東海道や佐屋街道さやかいどうに面していたことから、

古くから旅行安全にご利益があるとして篤く信仰されております。

全国でも珍しい、西向きの鳥居となっています。

御祭神は、真敷刀俾命ましきとべのみこと

同じく熱田神宮の境内社である、「上知我麻神社かみちかまじんじゃ」の御祭神・乎止與命おとよのみことの妃で、

宮簀媛命みやすひめのみことと、建稲種命たけいなだねのみことの母神様です。

所在地 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1番1号 熱田神宮境内
創建 不明
本殿の様式 神明造
社格等 熱田神宮境内 摂社
御祭神 真敷刀俾命
御朱印 無し
神紋

五七桐竹紋