Example: A Site about Examples

孫若御子神社

孫若御子神社ひこわかみこじんじゃ』は、愛知県名古屋市熱田区神宮の「熱田神宮あつたじんぐう」の境内にある神社で、

熱田神宮の摂社です。

延喜式神名帳えんぎしきじんみょうちょう』にある「孫若御子神社ひこわかみこじんじゃ尾張国おわりのくに愛智郡あいちぐん)」に比定される式内社です。

愛智郡に、名神大社みょうじんたいしゃとして四社格付けされているうちの一つで、

四社は、熱田神社、高座結御子たかくらむすびみこ神社、日割御子ひさきみこ神社、孫若御子ひこわかみこ神社です。

現在は熱田神宮の正門の東、境内の南東に鎮座しておりますが、

由緒ゆいしょによりますと、古来からここに鎮座していたのではなく、

明治元年頃までは、海蔵門かいぞうもんの西に鎮座していたそうです。

歴史の詳細がよく分かっていない神社で、ほとんどが不明とされています。

御祭神は、尾張氏おわりしが祖神として崇拝していたとされる『天火明命あめのほあかりのみこと』。

 『古事記』では、ホアカリは「穂赤熟ほあかり」で、稲穂が熟して赤らむ意味としており、

天皇にるつながる他の神と同様、稲に関係のある名前でもあり、

農業の神として信仰されています。

また、天照大神あまてらすおおみかみの孫で、本名を「天照国照彦天火明命あまてるくにてるひこあめのほあかり」という事からも

うかがえるように、太陽の神でもあります。

ご利益は、子孫繁栄・一族繁栄・家内安全です。

所在地 名古屋市熱田区神宮1丁目1−1 熱田神宮境内
創建 不明
本殿の様式 両流造
社格等 熱田神宮(境内摂社)・式内大社
御祭神 天火明命
御朱印 無し
神紋

五七桐竹紋