番所鼻自然公園

番所鼻自然公園について

番所鼻自然公園は鹿児島県薩摩半島に位置する自然公園です。東シナ海が雄大に広がっており、薩摩富士こと開聞岳も一緒に一望する事が出来ます。

番所鼻自然公園はかつて日本地図を初めて作った伊能忠敬がこの地を訪れた際に「天下の絶景なり」と思わず言ってしまった程の景勝地としても有名です。

もともとこの場所には薩摩藩の番所があった事から番所という名前がついたようです。

他にも鳴らす回数によって祈願の種類が変わる「幸せの鐘」や

日本で唯一のタツノオトシゴ観光養殖場「タツノオトシゴハウス」があります。

番所鼻自然公園

番所鼻自然公園の基本情報

所在地 鹿児島県南九州市頴娃町別府5202
アクセス [車]
   ・鹿児島市内から約1時間15分(高速利用)
   ・指宿駅から約45分
   ・釜蓋神社から約5分
[電車]
   ・JR指宿枕崎線水成川駅から徒歩約10分
駐車場 60台(無料)
お問い合わせ 0993-83-2511(南九州市役所商工観光課)

もっと「番所鼻自然公園」を知りたい方

天下の絶景なり!伊能忠敬も認めた景勝地【番所鼻自然公園】の見どころ3選 【天下の絶景なり】番所鼻自然公園の見どころ3選!伊能忠敬も認めた絶景とは