焼畑農作

焼畑農作は熱帯山地などで昔から受け継がれている栽培方法のひとつです。

ここでいう焼畑は、森に生える木を切り倒し約半年間乾燥させ、雑草などと一緒に燃やしてしまうことです。

こうすると土の中の害虫や菌などを殺してしまい、焼け残った灰が肥料となって栽培に適した土壌に生まれ変わるのです。