天に続く道

天に続く道

天に続く道について

『天に続く道』は北海道東の端、知床半島にある斜里町(しゃり)というところにあります。

真っ直ぐな道が遥か遠くまで伸び、道の先が天まで続いている様にみえる事が『天に続く道』と呼ばれている由来です。

峰浜〜大栄地区までを結ぶ全長28.1kmの北海道屈指の直線道路で

途中にはオホーツク海を望めるウッドデッキの展望台も設けられています。

春分(3月下旬)、秋分(9月下旬)頃には、

夕暮れの時間に合わせていくと道の延長上の先に日が落ちるという様な美しい絶景を見る事もできます。

アクセス情報

所在地 北海道斜里郡斜里町峰浜
アクセス 車:JR知床斜里駅から15分
女満別空港から国道334号経由で66km/1時間20分※冬の早朝など、除雪が行われていない場合は通行止めバス:斜里駅から知床線(知床ウトロ・知床5湖方面行き)に乗車し、峰浜(みねはま)バス停で下車(朱円バス停でも可)バス停から2.7km、徒歩約45分程度。
駐車場 有り。

丘の頂上からやや下がったところにある展望台の駐車スペースを利用

営業時間 24時間営業
公式HP  知床斜里町観光協会

もっと「天に続く道」を知りたい方

これぞTHE北海道ロード【天に続く道】28kmの直線道路が絶景すぎた これぞTHE北海道ロード【天に続く道】28kmの直線道路が絶景すぎた